ZABICOMZABBIX(ZABICOM研修)Zabbix公式研修申し込み受付

  • 問い合わせのページへ
  • サイトマップのページへ
  • トップページへ
  • ZABBIX / ZABICOMについて
  • ZABICOM (ZABBIX)の詳細
  • 導入事例、導入実績
  • 技術情報
  • サービスメニュー
  • Zabbix研修
  • FAQ
資料請求・お問い合せはこちら

ZABBIX / ZABICOMについて

ZABBIXとは

Zabbixとは、Zabbix社がオープンソースとして供給するサーバ・ネットワーク管理システムです。
『システム運用保守者の知を活かし』『洗練されたビジュアル監視画面を有する』現場プロフェッショナル向けの管理システムと言えます。
高度な運用保守を実現するために、幾種もの監視ツールやソフトを組み合わせる必要はなく、必要と考えられるほとんどの機能、各種監視設定から、真に必要となる警告表示、そして解析結果の表示までをオールインパッケージで提供します。
オープンソースでありながらライセンスシステムを凌駕する機能を備え、大幅なコストダウンが可能です。

ページTOPへ

ZABICOMとは

ZABICOMとは、オープンソースであるZabbixに付加価値(機能拡張、保守サポート)をプラスしたものです。

■ZABICOM (ZABBIX) の特徴

初期・長期の両面からの費用を軽減

商用ライセンスが主流の監視システムにあって、ZABICOMはライセンスフリーなので、初期費用を大幅に削減できます。

オペレーションの知的・美的イノベーション

システム運用保守者の知恵やノウハウを各種警報発生の判断ロジックとして記述し、それに従った高度な監視処理を実現しました。
監視画面がWebベースであることを最大限に活用し、洗練されたビジュアル表示です。

All-in-oneパッケージ

All-in-oneパッケージで提供しているので、アップグレードにおいて個々にパッケージを追加する必要がありません。また、パッケージごとの知識習得も不要です。

ZABICOM (ZABBIX) が必要か

NMSの重要性

システム管理者やオペレータのあいだで、NMS(ネットワーク管理システム network management system)の重要性が、近年一層強く認識されるようになってきました。増え続けるプラットフォームと高まるシステム管理要求の行く末に、従来のオペレーションの限界を超えてしまい、緊急時の混迷がみえてきたからです。
監視対象プラットフォームの少ない時代は、トラブルに対して余裕をもって対応できる作業環境にありました。個々のログファイルとping・MRTGを用いて、それぞれ個別のソフトで監視していれば対応することも可能でした。
しかし、ハードの低価格とシステムの信頼性向上を実現するための冗長構成が相まって、さらにプラットフォームを複雑にし、管理コストを押し上げてしまう結果となりました。
加えてミッションクリティカルな環境、クライアントの管理要求の高まり、SOX法(サーベンス・オクスリー法)など、法的な規制強化への対応とともに、リスク管理・フォレンジックと、そのための履歴や資料の保存が経営に与える影響が年々高まっています。企業活動におけるシステム管理者の果たす役割が、ますます重要になってきたのです。

システム管理者とオペレータの知恵を資産に

こうした監視対象増大に加え、システム運用・管理への要求の高まりを受け、新たな監視ツールパッケージが開発され、また既存監視ツールへの機能追加がなされてきました。しかし、ツールが追加されるたびに、管理ツール群の運用そのものが大規模化・複雑化し、システム全体のオペレーションは困難を余儀なくされています。システム運用の現場では、単なる監視ツールから、熟練したシステム管理者の知恵に基づいたシステム運用作業を支援する高度な機能を有した監視ツール開発への期待が高まっています。
このような背景から、システム管理者とオペレータの知恵をNMSに蓄積し、資産にする新世代のマネージメントシステムZABICOM (ZABBIX) は生まれました。ZABICOM (ZABBIX) は、システム運用現場の願いと必然性によって誕生したのです。

ZABICOM (ZABBIX) の生い立ち

ZABICOM(ZABBIX)は、ラトビア共和国のVladishev氏が同国大手銀行勤務時代、自社向けに開発したシステムが源流をなしています。  当時、Vladishev氏自身、日に日に高まる情報システム部門への要求に対して、システム管理者負担が限界を超えている状況での仕事を余儀なくされていました。こうした経験から生まれたのがZABICOM (ZABBIX) です。システム管理者やオペレータの視点から運用者自身が考案したものです。現在、ラトビア共和国のZabbix社によりオープンソースとして開発されています。

高度な運用保守を実現するために、幾種類もの監視ツールやソフトを複雑に組み合わせる必要はありません。ZABICOM (ZABBIX) は、おおよそ必要と考えられるほとんどの機能を監視設定から、真に必要となる警告表示、そして解析のグラフィックまでオールインワンで提供します。  また、小規模なシステムから大規模なシステムまでをカバーできるアーキテクチャを採用しています。Webベースで理解しやすく使いやすいユーザインタフェースを搭載したオープンソースNMSです。

ZABBIX SIAのあるラトビア国、リガの位置
ページTOPへ